「はまった男の恋物語」全65話完結しました
    はまった男と中国人彼女との出会いから始まる胸に響く長編です。

    「はまった男の恋物語」第2弾「恋する千羽鶴」全30話完結しました
    「結婚」この二文字が二人にはとても重い言葉でした。

    「はまった男の恋物語」第3弾「あなたの中国語」全24話完結しました
    1998年の大連を舞台に広がる大恋愛!!

    大連小姐ストーリー「明天」全19話完結しました
    大連に出稼ぎきた女の子の明天(明日)は?

    「はまった男の恋物語」第4弾「僕と玲」全17話完結しました
    大連の定食屋で働く玲ちゃんと僕のストーリー



    1. 無料アクセス解析

    Entries

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    ----------------------------
    人気ブログランキングへ
    ↓↓twitterでつぶやく↓↓
    Twitterでつぶやく
    ----------------------------

    ----------------------------
    【 網野式】動詞フォーカス中国語入門
    ◆約6時間のネイティブ音声付き ◆メールサポート付き
    ~初心者から本気で本物の中国語を身につけたい方へ~

    200%Matching deposit Bonus


    あなたの中国語7

    あなたの中国語・・・管理人より
    あなたの中国語・・・第1話第2話第3話第4話第5話第6話
    ------------------------------
    短信
    ------------------------------

    次の日、僕は1人で、静の店に行った。

    僕のセカンドバックには昨日渡された、ハンカチが入っている。

    僕が店に入ると、香が驚いていた。
    香 「いらっしゃいませ、来てくれたんですか?」

    僕 「どうして?」

    香 「昨日、失礼なことをしちゃって、怒らせてしまったので。」

    僕 「だから、気にしていないよ。静はいる?」

    香 「え?静ですか?ちょっと待っていて下さい!」

    香が驚いて、静を呼びに行った。
    ほかの席に座っている静を香は呼んでくれた。
    静は、少しよそよそしい。

    隣に座り

    静 「本当に来てくれたんですね。」

    僕 「昨日約束しただろ?」

    そう言って、ハンカチを渡した。静はハンカチを受け取りながら

    静 「あの、ちょっと聞いて、いいですか?」

    僕 「なに?」

    静 「昨日、どうしてわたしのことを、ウソつきと言ったんですか?私なにかウソを吐きましたか?教えて下さい。」

    僕 「大したウソじゃないよ。誰でも吐くウソさ。昨日は僕もどうかしていたんだ。」

    静 「大したウソじゃない・・・・って、何のことですか?」

    僕 「静は、『恋人はいない』 って言っただろ?本当はいるくせに。」

    静 「・・・・・・・・・・。」

    僕 「でも、考えてみたら、誰でも『いない』って答えるよ。『恋人はいます』、なんて答えたら、お客は来なくなるからね。」

    静 「・・・・・・・・・・。」

    僕 「だから、僕も昨日は、どうかしていたんだ。反省している。」

    静 「・・・・・どうして、わたしに、恋人がいると思ったんですか?」

    僕 「いつだったか、あそこのレストランで、男とケンカをしていただろ?静が倒れて泣いているとき、僕は声を掛けたんだ。」

    静 「あ!あの時の・・・・・。」

    僕 「思い出したかい?心配だったけど、静は、『あんたには関係ない!』 と怒鳴って、店を出て行った。そして、この店で再会したわけさ。」

    静 「・・・・・・・・・・。」

    僕 「余計なことかもしれないけど、あの男とは、別れたほうがいいな。」

    静 「心配してくれるんですか?」

    僕 「あんな男と付き合っていたら、誰だって心配するよ。」

    静 「わたしは、別れたいんだけど・・・・・。」

    その時、静は香に呼ばれた。静はこの店の看板娘だから

    僕の席だけには、構っていられないんだろう。

    僕 「静は、人気があるね。長い時間は話せそうにないなあ。」

    静 「あの、後で電話していいですか?」

    僕 「別に構わないけど、番号知っているの?」

    静 「お姉ちゃん(ママの香のこと)に聞きます。」

    僕 「香は、ポケベルの番号しか知らないよ。携帯番号を教えようか?」

    静は、ちょっと怪訝そうな顔をして

    静 「・・・・・松田さんは、携帯番号を、誰にでも教えるんですか?」

    僕 「いやなら、教えないよ。」

    静はあわてて

    静 「教えて下さい。余計な事を言って、ごめんなさい。」

    僕 「静は、ポケベル持っている?」

    静 「持っています。」

    僕 「じゃあ、静のポケベルの番号を教えて。後で携帯番号を短信する。」

    静 「わかりました。」

    静が、紙にポケベルの番号を書く。そして

    静 「ごめんなさい、約束守れなくて。今日は、ずっと松田さんの席にいたいのですが。」

    僕 「気にしないで。ほら、香が呼んでいるよ。」

    静 「松田さん、今日は優しい・・・・・。」

    僕 「いつも優しいよ。さっきも言ったけど、昨日はどうかしていたんだ。」

    静 「・・・・・・・・・・。」

    僕 「ほら、早く行きなよ。香が睨んでいる。」

    僕は軽く肩を叩き、静は、ほかのテーブルの席に行った。

    香が気を使って、ほかの女の子を並べてくれたが、

    今日は静以外と、話す気になれない。

    僕 「明日、早いから、今日は帰るよ。」

    香 「本当にゴメンなさい。これに懲りずに、また来て下さい。」

    僕 「OK。」

    香 「でも、今日はどうして静を?昨日は怒っていたのに・・・。」

    僕 「静に怒っていた訳じゃないよ。」

    香 「え?じゃあ、誰に怒っていたんですか?」

    僕 「自分自身と、ろくでもない男に対してさ。」

    香 「・・・・・??」

    僕は店を出て行った。そして、静のポケベルに、僕の携帯番号を短信した。

    しかし、さっき静が言った 『わたしは、別れたいんだけど・・・・・。』

    この言葉が、妙に気になった。

    別れたければ、さっさと別れればいいのに・・・・・。

    そして午前2時頃、静から僕のポケベルに短信が来る。

    *今から電話をしてもいいですか?*

    あなたの中国語8へ

    ------------------------------
    ----------------------------
    人気ブログランキングへ
    ↓↓twitterでつぶやく↓↓
    Twitterでつぶやく
    ----------------------------

    ----------------------------
    【 網野式】動詞フォーカス中国語入門
    ◆約6時間のネイティブ音声付き ◆メールサポート付き
    ~初心者から本気で本物の中国語を身につけたい方へ~

    200%Matching deposit Bonus


    あなたの中国語6

    あなたの中国語・・・管理人より
    あなたの中国語・・・第1話第2話第3話第4話第5話
    ------------------------------
    嫉妬?
    ------------------------------
    山本は、静のことを気に入ったようだ。夢中で話している。

    山 「静ちゃんは、どこの出身?」

    静 「大連です。ただ、以前、親の都合で、黒龍江省に住んだ時もあります。ハルピンからバスで8時間くらい掛かります。」

    山 「うわっ!遠いな。黒龍江省は、寒いでしょう?」

    静 「はい、冬はとても寒いです。大連が暖かく感じます。」

    山 「静ちゃんは、本当にカワイイや。僕みたいな男はどう?」

    静 「え?どうって言われても・・・・・。」

    山本 「僕と付き合わない?静ちゃんのことは、絶対に幸せにするよ。」

    静と香は、笑いながら

    静 「出会ったばかりじゃないですか。山本さんの事は、まだ分かりません。これからも、わたしに会いに、お店に来て下さい。」

    山 「あちゃ~もうフラれちゃったよ。営業トークだ。」

    香 「静を、ゲットするのは、難しいですよ。みんなのアイドルですから。」
    静は笑っている。

    「静は、男いるの?」
    僕は、ぶっきらぼうに聞いてみた。

    香も静も、少し驚く。

    静 「え?どうしてですか?」

    僕 「山本が聞きたいことを、僕が代わりに聞いているのさ。遠回しに言うのは、好きじゃないんだ。」

    静 「・・・・・・・・・・。」

    僕 「どうなんだ?」

    静 「・・・・・いません。」

    僕 「ふーん、そうなんだ。」

    僕はそっけなく言ったが、内心では、『ウソつけ!』、と思った。
    山本は「よお~し!僕にも、チャンスがあるぞ!」 と喜んでいる。バカな男だ。

    彼氏がいても、正直に答える女なんて、いるわけ無いだろ。

    あの時、男が 『恋人を助けるのは当たり前だろう!』 と怒鳴っていた。
    さらに、『今日は、何時に帰ってくるんだ!いつも遅く帰ってきやがって!』
    とも言っていた。

    あんなロクでもない男と、一緒に住んでいるんだろう。
    それなのに、店ではチーママで、女の子達に対して、偉そうにしている。
    お客にも、チヤホヤされている。

    しかし、そんなことは、どうでも良いことだ。静が、誰と付き合おうが、僕には関係ないし、店でチーママをしていても、お客にどんなに人気があっても、僕には関係ない。

    『彼氏がいない』、と答えるのは、クラブで働いている女なら、当たり前のことだ。

    それなのに、どうしてこんなに気分が悪いんだ?自分でも分からない。
    僕は、イライラしながら、飲んでいた。

    香が、中国語で、「松田さん、今日はつまらない?」 と言ってきた。

    山本に分からないように、中国語にしたのだろう。

    僕 「どうして?」 僕も、中国語で答える。

    香 「この前来たときより、機嫌が悪そうだから・・・・・。なにか、失礼がありましましたか?」

    僕 「別に。ただ、チーママの静が、気に入らないだけさ。」

    香は驚いて「え?どうしてですか?」 と言った。

    静がキッと、僕を見て中国語で話しかけてくる。

    静 「わたしとあなたは、初対面です。どこが気に入らないんですか?直すから、教えて下さい。」

    僕はバカにしたように、「無理だね。」 と言った。

    静 「無理って、なにが無理なんですか?」

    僕 「今更、直るもんじゃないよ。ウソを吐くのは、生まれつきだ。直そうと思って、直せるもんじゃない。」

    静 「ウソ吐きですって?わたしの、どこがウソ吐きなんですか?教えて下さい。」

    僕 「自分で考えな。」 僕はそっけなく言った。

    静 「わたしは、わかりません。教えて下さい。」

    僕 「ウソを吐いて、わかりませんか。もういいよ、君は、ほかの席に行ってくれ。君の顔を見ていると、酒が不味くなる。」

    静 「どうしてですか?教えて下さい!ヒドイじゃないですか!」

    僕 「だから自分で考えな。少なくとも、君は僕と山本にウソを吐いた。山本は君のことを気に入っている。その、お客に対して失礼だ。」

    静 「どこがですか!?何がウソなんですか!?」

    静が怒鳴って、立ち上がった。

    その拍子に、グラスが倒れ、僕のズボンが濡れてしまった。

    香が、あわてて、おしぼりを持ってくる。

    香が、静のことを叱っている。「早く拭きなさい!」 と言っているが
    静は、呆然としている・・・・・。

    香 「失礼しました。静は、まだ、この仕事に慣れていないもので。 どうか、気を悪くなさらないで下さい。」

    僕 「別に、気にしてないよ。そろそろ、帰ろうか?」

    僕は、山本に対して言った。
    山本は、何がなんだか、わからない、と言う顔をしている。
    中国語がわからない山本にしたら、当然だろう。

    山 「静ちゃんと、何を言い合っていたんですか?」

    僕 「何でもないよ。」 そう言って、帰ろうとした。

    香 「あ、まだズボンを、拭いていません。」

    僕 「だから、気にしていないよ。」

    香 「そんな・・・・・。本当にすみません。」
    香は、何度も謝っている。

    僕は、心の中で、
    (俺、何やっているんだ?彼氏がいないなんて事ウソの内に入らないじゃないか。何ムキになっているんだ?)

    自己嫌悪に陥っていた。

    店を出て、タクシーに乗り込もうとしたら、静が、走って店から出てきた。

    そして、「これ、使って下さい。」 と言って、ハンカチを渡してきた。

    女の子らしい、刺繍が入ったハンカチだ。

    僕は、「そのうち乾くから、いらないよ。」 と断ったが

    静 「使って下さい、お願いです。さっきは、すみませんでした。」

    静は、今にも泣きそうな顔で、謝っている。

    僕は少し胸が痛んだ。悪いのは僕だ。それなのに、静は謝っている。

    なぜ静に、あんな意地悪をしたんだ?どうしてだ?

    僕 「わかった。このハンカチ、使わせてもらうよ。」
    静は、ホッとした顔をした。

    静が、ハンカチを渡そうとする。僕は、その手を握りしめた。静が驚いている。

    静 「・・・・・なんですか?」

    僕は静を、見つめながら

    僕 「明日、持ってくるよ。」

    静 「え?」

    僕 「明日、このハンカチを洗って返しに来る。静に、逢いに来る。」

    静 「・・・・・・・・・・。」

    僕 「明日は、ずっと僕の席にいてくれるか?」

    静 「・・・・・・・・・・。」

    僕は、しばらく静の手を、握りしめたままだった。
    そして、静は黙って頷いた。

    素直で可愛いコだ・・・・・。

    僕は、この時、どうしてこのような行動を取ったのだろう?
    勝手に身体が動いてしまったような、そんな感じだった。

    そして、なぜ静に意地悪をしたのか、自分でも分かっていた。
    静は、どうしようもない男と付き合っている。

    軽い嫉妬からの行動・・・・・。

    あなたの中国語7へ

    ------------------------------
    ----------------------------
    人気ブログランキングへ
    ↓↓twitterでつぶやく↓↓
    Twitterでつぶやく
    ----------------------------

    ----------------------------
    【 網野式】動詞フォーカス中国語入門
    ◆約6時間のネイティブ音声付き ◆メールサポート付き
    ~初心者から本気で本物の中国語を身につけたい方へ~

    200%Matching deposit Bonus


    Appendix

    管理人から


    オッキッキする漢方薬、三體牛鞭勃動力!!です
    Twitter始めましたよ

    ご意見・ご要望・リンク申請などは管理人にDMください。 yangrouchuan.bjあっとま~くgmail.com

    詳細は「このblogについて」をご覧下さい。

    What's New

    ☆しばらくの間、尖閣問題中心にpostしようと思います。我慢してきましたが、いい加減きれましたw それと私が今、日本在住というのが大きな理由なんですがね。
    ☆やっと「明天」完結しました。(2/27)
    ☆大連を舞台に3人の女の子ストーリー「明天」を始めました。よろしくおねがいします
    ☆久しぶりの更新です。「あなたの中国語」が完結するまでkskします(4/5)
    ☆「はまった男の恋物語 第三弾 あなたの中国語」転載開始しました。今回も熱いストーリーですよ(6/11)
    ☆恋する千羽鶴全30話完結しました。ありがとうございました。(6/9)
    ☆長らくさぼっていましたがようやく更新のめどがつきましたのでこれからもよろしくお願いします(5/19)
    三體牛鞭勃動力販売用ショッピングカートを新設しました。
    もっと便利にお買い物ができます(11/23)
    ☆恋する千羽鶴転載開始しました。(10/19)
    ☆はまった男の恋物語全65話完結しました。読んでくださった方ありがとうございます。(10/13)
    ☆22万PV達成しました。ちゃいすぽ!さんに掲載されてから一気にカウンターがあがっています(9/26)
    秘密の漢方薬の販売をはじめました(9/24)
    ☆21万PV達成しました。どうもありがとうございます(9/21)
    ☆skypeボタンを付けました。でもオン・オフラインの表示がリアルタイムで表示されないっす。タイムラグあり杉orz。(9/19)
    ☆先月から北京駐在になっちゃいましたorz
    ちょっと忙しいので更新が滞ってますが、近々再開できると思うのでもう少々おまちください。(7/10)
    ☆はまった男さんのお友達の恋話があるのですが、転載が追いつかないので、今回の物語が完結したらそちらを転載しようと思ってます
    ☆帰国しました。やっぱり日本は最高です。(5/30)
    ☆ただいま北京に長期出張中ですorz 更新が遅れるかもしれませんが見捨てないでください(5/10)
    はまった男の恋物語の転載ですが、容量がかなり多いので、がんがってkskします!面白かったらコメントでもつけてください。遠距離恋愛から福建へとまだまだストーリーは続きますよ~~~(4/25)
    はまった男の恋物語本スレで私が転載しているのが見つかってしまいました。恥ずかしい限りです(m_m)ペコリ
    本スレに書き込みをして場の空気を乱したくはないので失礼とは思いますが、こちらでご挨拶にかえさせて頂きます。(4/22)
    はまった男の恋物語転載開始しました。かなり熱い物語です。おたのしみに!!(4/21)

    ★恋する千羽鶴★
    全30話完結!!!
    第1話はこちらから

    ★はまった男の恋物語★
    全65話完結!!
    出会い編(全五話)→第一話はコチラ
    遠距離大恋愛編(全十三話)
       →第一話はコチラ
    福建省編(全三話)→第一話はコチラ
    疑惑編(全六話)→第一話はコチラ
    失恋?編(全十八話)→第一話はコチラ
    北京編(全三話)→第一話はコチラ
    別れ編(全八話)→第一話はコチラ
    再会編(全六話)→第一話はコチラ
    騙されたのに・・・編(全三話)→第一話はコチラ

    ★中国駐在員Aの没落★
    好評転載中!
    現在第40話です!

    「ちゃいネタ!」豆辞典
    製作開始

    最近の記事

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。